タカアザミは何処へ

タカアザミは下向きに花を付けるが、コイツは地上高30㎝ほどを、上を向いて咲いていたのをよく覚えている。

タカアザミの“隠し処”(森 敦が小説『月山』で月山を「臥牛山」と呼び、その陰部辺りを「隠し処」と表現していた。その表現が気に入っている)近くで一輪だけひっそり咲いていたのを逆光の位置から狙ったんだ。

もしかしたらノハラアザミだろうか?いずれにしろ、この場所は枯れ荒野となった。

但し書きが遅れたが、これは昨年11月18日に撮影したもの。

本日26日、福島潟の湖畔で朝焼けを撮影した後、気になっていたタカアザミの畑へ。

テニスコート一面分の広さだろうか、やっぱり全てが枯れ果てて何も無い。

立ち枯れしたタカアザミが2,3株、卒塔婆みたいに立っているだけで荒野同然。

お休み処の木製ベンチも何処にあるのか気づかなかった。撤去したのだろうか。

今までそこにあったものが予告も無く消えるのは辛いものがある。

あれだけ乱舞した蝶の姿が全く見えないのは切ない。

戒め

11月11日荒ぶ砂浜で「これが新潟の冬だ~」と勇んでカメラを振り回した代償が12,000円強。レンズのピントリングの中に砂が入った修理代でございます。

わずか小一時間、手のひらで包み込めばいいじゃん・・・いいわけありません。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  昨年11月18日タカアザミ畑にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

赤い滴・サルトリイバラ

鈍色の雲沼

関連記事

  1. 夏草の中

    セスジイトトンボでしょうか、空中ですれ違いざま、雄が雌を捕まえる瞬間に出…

  2. ヒシ 拡がり始めた福島潟

    3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。この時期、福島潟で湖面と日の出を…

  3. 葉陰蝶・キチョウ

    燃える雲を撮影後、福島潟北側へ移動し、園路を歩いてみた。あの…

  4. シオカラトンボ

     福島潟で昨年に撮影したシオカラトンボ。まだ陽がささない早朝の時間で羽根を休…

  5. あかね雲たなびく福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s NikonF…

  6. 染まれ~ もっと染まれ~!

    ふきのとうが顔を出し始める春先の夜明けは、山の端が茜色に染まります。…

  7. モンシロチョウ

    NHKの番組『全力失踪』に嵌まってしまった。設定が自分の過去とちょっこら似…

  8. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。